MENU
資料請求
お問い合わせ
ラトル生専用

学習塾Latol(ラトル)

  • TEL
  • 資料請求
  • Menu
  • Menu

TOPICS

2024.06.06

私立高校の学費まとめ

今回は私立高校の選び方についてお話いたします。

オープンハイスクールに見学される前に参考いただければと思います。

(兵庫県には公立高校が141校、私立高校は51校ございます)

 

お子さまの受験校をお選びいただく際に、99%のご家庭では私立高校を受験されます。受験パターンとしては、大きく3パターンに分けられます。

⑴公立の併願(滑り止め)

⑵私立専願(大学受験します)

⑶私立専願(大学附属)


⑴の場合は、公立高校が第一志望であるが、万一、公立不合格になった場合の進学先として受験されます。

⑵の場合は、校風が合っている。大学受験サポートの充実等、手厚さを重視して受験されます。この場合は、公立高校は受験はできません。

⑶の場合は、進学したい大学がこの時点で99%確定、高校生活は受験勉強以外の事に打ち込みたい方にオススメ。(第一子のお子さまが大学受験を経験されたご家庭がこのパターンをご希望される傾向あり)


では、学費を見てみましょう。(ラトル生が受験される主な高校を抜粋)

《高校別年間授業料一覧》★入学金等は別。


兵庫県には、私立高等学校等生徒授業料軽減補助制度がございます。

ざっくり申しますと世帯収入が

590万円未満   →  44万円(年間)

590万円~730万円→ 約24万円(年間)

730万円~910万円→ 約18万円(年間)

補助がございます。



また、高校にもよりますが、入学試験の結果が優秀な場合、奨学金制度として、入学金や年間授業料の一部免除がございます。兄弟割引もあります。


ここまでご覧いただくと、学費においては公立高校が圧倒的に有利でございますが、高校生での塾代も併せてご検討いただければと思います。


公立高校進学→3年間塾なし→国公立大合格を人はレジェンドという。

ラトルでもほんの数名、レジェンドはおりました。


トップ校に通う成績優秀者のなかには、大手予備校の無料講座のみ登録して、自習室に籠り、自力で難関大学に合格される猛者もおられるそうです。
やはり最後は自習する力…


私立高校選びは慎重に!でございます。

実際に進学したラトル生の話なども通じて、アドバイスさせていただきます。

ラトルの指導にご期待ください!