MENU
資料請求
お問い合わせ
ラトル生専用

学習塾Latol(ラトル)

TOPICS

2019.06.12

夏期講習 中学1年生

7月22日~夏期講習がはじまります。
中学生は、心身ともに、1年の成長変化が大きい時期ですので、夏休みの過ごし方に関しても学年ごとにテーマがあります。
お子さまお一人お一人の成長過程は様々ではありますが、まずは以下のテーマを念頭に夏休みを過ごすのもひとつではないかと思います。
【中1】「中1ギャップはまだまだ続く。キャッチアップをポジティブに!」
中学1年生にとっては中学入学以降、大袈裟ではなく、激動の3か月を過ごされておられるかと思います。
ラトル生の様子からも率直な感想として毎日、一生懸命過ごしているなと感心させられます。定期考査、部活とすべてが初めて尽くしの中学生活に、必死に喰いついている感じです。
おそらく大半の中学1年生が日々キャッチアップすることを体感されています。
これは、社会に出て間のないころ(特に二十代のうちは)にビジネスシーンではよく見かける光景と似ていますし、数年後に当時を振り返ると成長のプロセスであった貴重な経験であったとの感想を持たれる方も多いかと思われます。
未だに経験をしたことがない課題にぶつかると誰しも、「本当に乗り越えられるの?」「できれば避けて通りたい」と思うのは当然です。
(大人になっても思います。)
また、保護者さまが、お子さまのそのような姿を目にされると、つい、助け舟を出したくなる気持ちになられることも十分理解できます。
ですが、もう少し様子を見られていただきたいと思います。
子どもは意外とタフでもありますし、正解が無く、必ずしも前例が存在していない大人の社会とは異なり、お子さまが直面する課題を、今まで何人もの中学生が無事に乗り越えることができています。おそらく、保護者さまもそのお一人だと思います。

明確な答えがあるとは断言できませんが、乗り越えることは十分可能です。むしろ乗り越える経験をさせてほしいと思っております。
ラトルの保護者さまからも、中学1年生のこの時期によくご相談をいただきます。過去に何人ものお子さまがラトル講師と保護者さまでお子さまとの関わり方を構築することで中1ギャップを乗り越えてくれました。
夏休み、お子さまにとって、今後の中学生活を過ごすための確かな道筋をつけ、振り回された1学期から脱却し、積み上げる2学期への準備が大切です。

ラトルでは、夏期講習よりクラスを増設し、3クラス体制となります。お子様に寄り添った指導で中1ギャップを乗り越えてみます。
ラトルの指導にご興味がございましたら、一度お問い合わせください。心よりお待ちしております。

夏期講習中学生カリキュラム